チャップアップは本当にハゲに効く? 効かない?

口コミでは、チャップアップで薄毛が改善出来たという意見が大半を占めますが、その一方でまったく効かないという意見があるのも事実です。


薄毛の原因は人によって違いますし、育毛剤の効果には生活習慣や体質なども関わってくるので、チャップアップが万人に効くということはありません。
ですが、効かない人には生活習慣や体質以外の原因も考えられるのです。

薄毛の原因はいろいろありますが、髪を成長させるために必要なことはどんな人にも共通しています。
まずは、髪が成長する土台となる頭皮のトラブルを改善して環境を整えること、そして血行を促進して成長に必要な栄養素を行き渡らせることです。
そしてもう1つ、薄毛の一番の原因と言われる5αリダクターゼの活性を抑えて抜け毛を防ぐことが、育毛に必要不可欠な条件となります。
この3つがしっかりできていれば、病気や怪我が原因の薄毛ではない限り髪の成長を促せます。
チャップアップには、抗炎症作用や抗菌作用、保湿作用など頭皮環境を整えるための成分、血行を促進する有効成分、5αリダクターゼを抑制する成分が含まれています。
つまり、育毛に必要な条件をサポートする成分が含まれているので、髪の成長のメカニズムで言えば育毛への効果が期待できるのです。

それなのにチャップアップが効かないということは、使い方を間違っているか使用期間が短い可能性があります。
まず使い方に関してですが、チャップアップを使う時には頭皮の汚れをしっかり落とし、乾いた状態にしなくてはいけません。
汚れが残っていたり濡れたままだと有効成分が浸透しないので、当然効果は半減してしまいます。
また、使用期間が短くても効果は得られません。
髪はヘアサイクルによって成長しますが、退行期から休止期を経て成長期に入るまでには3ヶ月から半年ほどかかります。
薄毛は休止期状態ですから、チャップアップを使っても1ヶ月や2ヶ月程度で髪が成長することはないのです。

もちろん、単にチャップアップが合わなくて効かないという人もいますが、ほとんどの方は使い方や使用期間が原因です。

チャップアップの効果限界についてはチャップアップの限界というサイトに詳しく載っていました。私もこのサイトにはお世話になりました。初心者なら見ておくと良いかもしれません。
チャップアップの効果は正しく使えているか、ヘアサイクルに合わせて使っているかで決まるので、使用方法を守って効率よく薄毛を改善していきましょう。